自分らしく子育てを愉しむ


銀座にフィニッシングスクールを設立し12年目となりました。

設立当時から5歳~12歳の親子で学ぶキッズマナークラスを設けておりますが、

多くのご家族と接していると

”3歳までの育児や生活環境でその子の土台が作られる”

と、常々感じていました。


子供の成長も子育ての考えも人それぞれ。

ひとつ言えるとしたら人は誰もが

「生まれてきてよかった!」そう思えることが一番幸せだと思っています。

しかしそのためには育てる大人が

「子育てが愉しい!」と思うことがとても大切なのです。


私は40歳の時に息子を出産しましたが、40年生きていても子育てに関しては全くの初心者。

すべては初めてのことばかりです。

息子が1歳を過ぎた頃、今までに感じていた乳幼児期の重要性と

子育てを最大限に愉しみたいという想いから

脳科学と臨床心理の理論に基づいた幼児教育アドバイザーと

幼児食インストラクターの資格を取得しました。

改めて感じたことは幼児教育を知るということは

私がマナーをお伝えする上で軸となるものと一緒でした。


”マナーを知っているとさまざまな場面で迷いが無くなり人生が愉しく過ごせる”

子育ても同じです。

目に見えない脳や心の成長を大人が知っていることで育児に迷いが無くなります。

そして子育てを心から愉しめるのです。


子供はママの笑顔が一番好きです。
そして一番に認めてもらいたい。
いつでも見守っていてほしい。


ママに限らず近くにいる大人たちが子供のココロに寄り添ってあげること、

そして自分らしく子育てを愉しむことが何より子供にとって一番嬉しく幸せなことだと思っています。


子供の成長はあっという間。

毎日が最高に愉しい育児にしましょう。


銀座フィニッシングスクール ティアラファクトリー主宰

矢部 惠子