生まれてすぐから子どもを尊重することの大切さ

ママ&ベビーレッスンは完全プライベートレッスンなので
お子様とご一緒にその子に合ったレッスンをしています。

ある程度成長の目安はあるものの、出来ること出来ないことはその子のペース。

比べたり焦ることはありません。
まずは目の前の我が子の成長をみてあげてください。

先日の3歳児クラスでは以前NHKのセミナーに一度来てくださり

本にサインもさせていただいたNさんでした(^^)

1歳の子とお腹にベビちゃんもいらっしゃり3月には3人のママさんに。


そして同日の午後には1歳児クラスにAちゃんとママのYさんが来てくれましたが
なんとわたしがインスタグラムでひそかにご成長を楽しく見守っていたAちゃん♪
ご誕生の際につい可愛くて嬉しくてコメントしたことがあったのです。

会えて嬉しい〜★
昨日はNさんもYさんもお会いするまで

お二人共わからなかったので本当に本当に嬉しかったです。


ママ&ベビーレッスンを始めて改めて感じたのは

”育児をしていてイライラしてしまう”

”つい怒ってしまう”

という方がほとんどです。

ママ友との会話でも「昨日イライラしていてつい怒鳴っちゃった」というのもよく聞きます。

息子も現在1歳10ヶ月。
まさにイヤイヤ期突入中なので確かに親の思い通りにいかないことも多々あります。

ですが私の場合、母や夫は育児に協力的なので

3人で子育てしているというのが一番大きいですが

息子に対してイライラしたり怒ることは一切ありません。


「怒る」理由は大人の固定概念や価値観で子どもを見ているから。
実は3歳まで怒る理由は何一つありません。

最近、息子はコップからコップに水を移し替えて「ジャー」とするのがブーム。
どの程度加減したらこぼれるか、この時期の子どもは実験をしている最中。

大人からすれば一見いたずらに見えることでも本能的に

いろいろなことを勉強している時期。

そう考えれば子どもに怒る理由が見当たりません。


食事中にされると大変なので「あとでキッチンでジャーしよう!」と言うと

すんなり受け入れてくれます。

そしてシンクで思う存分やらせてあげます。

途中水が床にこぼれたので「待って〜!」と言って急いで大きなポリ袋を敷きました(笑)

水を出しっぱなしにするのも困るので時計を見せて10分間の約束をします。
もちろんまだ時間の感覚はわかっていませんが
今やりたいことをママは理解してやらせてくれていると感じ、
きちんとこちらの要望にも応えてくれます。

生まれてすぐから子どもを尊重することで信頼は生まれ
互いに尊重しあうことの大切さを子どもは学びます。

それはのちのマナーとしてもとても大切なことです。


人間科学的に子どものこと、そして今

自分の子どもが本能的に何を求めているのかが分かってあげられれば

子ども自身、満たされ心が安定します。


ただ大切なのは子ども中心の生活にならないこと。
怒るのではなく教えてあげることは大切です。

子どもが騒ぐからベビーカーに乗せながら食べ物を与えるというのも
実際に今、おとなしくさせるには一時的に効果があるかも知れません。

しかし子どもは食事の時、遊んで食べなくても
あとでお腹空いたとき騒げば食べ物が貰えるとある意味賢くなっていき、
状況を考えず騒ぐ子どもになってしまいます。
そうなってしまうとあとの育児が大変。
親も子も疲れてお互いイライラしてしまいますよね。

3歳までにどう接するかで育児は楽しく楽になります。

親が感情的になって怒ってしまうと子どもはストレスを抱え脳は萎縮してしまうのです。


食事の場を楽しいものにしてあげれば
脳にも身体にも、そして心にも栄養を与えてくれます。

息子は年末で2歳を迎えますが3歳まであと約1年しかありません。
後にも先にも可能性が無限にあり、育児としても

こんなに楽しい時期は二度とないと思うと

一瞬でもイライラ怒ることがもったいないと思ってしまいます。


脳科学・心理学を知り子育てすれば必ず気持ちがラクになります。

3歳以降のマナー力を身につけるためにも大切な時期と向き合いながら子育てしましょう。