五感で生きている幼少期だからこそ大切なこと

先日親戚から届いた自家製野菜。

ダイコン、ハクサイの他にサトイモも。
家にある野菜を出してまた調べる野菜博士。

五感を使って色・形・香りぜ〜んぶ調べます^^

脳や心に効果的な声掛け方法などはレッスンで詳しくご説明していますが

遊びながらお手伝いも出来てさらに脳やマナー力もつけられます。


ついでに私も保存方法なども調べたりして。いいことづくし♡

ところでママ友や生徒さんママも子どもが入れないように

キッチンをクローズしている方が多いようです。

確かに料理している間、他で遊んでくれていた方が安全であり家事が進むのでラクですよね。


しかし我が家はある時から覚悟を決めキッチンはオープン、

息子は自由に出入り可能、そして棚や引き出しも自由に使えるようにしました。

もちろん危ないものだけは移動しています。

新築なのに床はすでにあちらこちら傷もありますが、

そんなことで怒りたくないのでもう気にしない(笑)気にしない(笑)

大切なのは五感で生きているこの時期こそなんでも触ったり興味を持って欲しい。

脳や心にとって正しい思考や接し方を知ると

怒る要素が無くなり育児が本当、ラクになります。


「お手伝いしてくれる〜?」と聞くと
「はいっ!」といい返事。
自らエプロンを出してサトイモを洗ってくれました。
今日の夕ごはんは”サトイモの煮っころがし”
一緒に作るとさらに美味しいね♪

先日レッスンで「子どもに使っているのはどんな包丁ですか?」とご質問を受けました。

息子にはVICTORINOXのトマトベジタブルナイフを使っていますが

ちょうど小さな子どもにもぴったりサイズ。

https://www.victorinox.com/jp/ja/Products//Paring-Knives//p/6.7831

しかし使うと言ってもまだ1歳児。もちろん大人の補助付きで

後ろから手を持って一緒に切ってくださいね。


五感で生きている幼少期こそおもちゃの包丁ではなく

食材も道具も全て本物を使わせてあげましょう(╹◡╹)