上質なクレヨンと絵の具は美感を養う

乳幼児は五感が敏感です。
だからこそ普段、目にするもの、耳にするもの、口にするもの、
触れるものは質の良いものを選ぶようにしています。

クレヨンは3本の指が発達するまで、
ベビーコロールを使っていましたが、
今はドイツのSTOCKMAR(シュトックマー)を使っています。
原料に100%純粋蜜蝋を使用していて顔料は
ドイツの食品安全基準をクリアしているため口に入れても安全。
高い透明性があり色を何色も重ね合わせても濁りません。

輝くような光沢ある色の調和が美しい!
まだ2歳なのでヨコ線、タテ線とグルグル描くことを楽しむだけですが、
色彩美は十分養われます。

絵の具もドイツ製のSchmincke(シュミンケ) 。
こちらは8色セットで金属ケースに入った水筒付きです。

美術館に行くといつも感じるのは「本物は色褪せない」ということ。
質の良い絵の具で描かれた作品は時代を超えて美しさを保っています。

息子が生まれてから一緒に美術館へ行き、絵の具で遊ぶようになった頃から
上質な絵の具を探し求めて、このSchminckeを知りました。

最高峰と言われるだけあって本当に美しい!
値段は絵の具にしては少々お高いのですが、本物がわかる幼児期。
まずは美しい絵の具に触れさせたい。そんなこだわりで選びました。
とは言っても単に私が欲しかっただけですけどね(笑)

最近、お気に入りの絵本も近日中にインスタでご紹介しますね☺︎