パパとママに会いたかった

胎内記憶や生まれる前の記憶についてはいつか息子に聞いてみたい事のひとつ。

覚えていなくたってパパとママの子として生まれてきてくれた事は感謝しかないのですが、

『胎内記憶』とは子どもの成長とともに薄れていずれは忘れてしまいます。

質問をするならば、言葉が発達してきた3歳くらいまでと言われていますが

息子、現在2歳8ヶ月。

言葉もかなりしっかりとしてきたこの半年。

そろそろ・・・なんてタイミングを見ていた頃。


私が仕事の時、パパが息子と二人でドライブに。

ドライブ中、ふとした会話から

「パパとママのところに生まれてきてくれてありがとう」と言ったら

「パパとママに会いたかった」と答えたそうです。


それから数日後の今夜。

今日息子が選んだ本『こもりうた』の中で

「うたいながら うたいながら わたしはないていたの」という一文。

息子が「泣いていたの なーに?」と聞くので

わたし「う〜ん。○○が生まれる前はママ泣いていたの」

わたし「ママ、泣いていたの知ってる?」と何気なく聞いてみる。

すると息子が「うん、知ってるよ」と答えるので

「え?知ってるの?」と聞いたら「うん、だから○○すぐ来たよ」と。


うん、うん、本当にすぐ来てくれたよね。

2014年2月に大切な大切な息子がお空に旅立ち、泣き続けた日々。

辛い想いをしてもまた子どもが欲しいと思う私の気持ちを尊重してくれた

夫の支えもありその優しさを受け継いだ男の子がまた半年後、

私のお腹に宿ってくれた。それが目の前にいる息子。


2歳になったばかりの頃に突然、

遊びながら「ママ、良かったね」と優しく言ってくれた一言。

突然過ぎる一言にわたしはつい「え?なになに?」と聞き返すと

もう一度「ママ、良かったね」と答えたときは

間違いなくママが泣いていた日々を知ってたに違いないと思いました。

ただ、2歳になったばかりの頃だったのでなぜそう言ったのか理由はまだ聞き返さず

いつかの時にとっておこうと決意。


昨日も寝る時わたしの顔をまじまじとみて「ママ笑ってる♥」と

幸せそうな顔をしてくれました。


何か期待する答えがあるわけではないけれど、

間違いなくママを笑顔にしてくれるために生まれてきてくれたんだ。

3歳頃までの間にもう少し生まれる前のお話聞かせてくれると嬉しいな♥